<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
生キャラメルのレシピ
b0190577_1845417.jpg鼻の大量生産により、鼻のみがセレブ扱いになっております。
やっぱり普通のティッシュペーパーでは、皮の剥け感をあおるばかり。
今回の風邪は久しぶりに寝込んだ。
やっと本日より通常営業で始動。
友人のイタリアンのお店で、学校の委員会の先輩ママさんたちとランチ。
久しぶりに生キャラメルを作って、持って行った。
多めの量で作ったのでいつもより時間がかかり、鍋に張り付いてインターホンも出られず、電話にも出られず、トイレにも行けず、ただただ必死にスパチュラを持った右手を鍋の中で回すのみ。
新たな拷問方法の新境地を見出しつつ煮詰める事2時間。


例のあの牧場では、私は絶対に働けない・・という事がよくわかった。


****作り方****

生クリーム  200cc
バター    40g
グラニュー糖 120g 
蜂蜜     10g
水あめ    10g
牛乳     150cc 
バニラビーンズ


①グラニュー糖、蜂蜜、水あめ、牛乳を鍋に入れ、弱火にかける。
②よく溶けたら生クリーム、バター、バニラビーンズを加え、30分ほどゆっくり混ぜながら煮詰める。(ぶくぶくと気泡が出てきたら焦げないように注意)
③氷水を用意し、そこにキャラメルを垂らして固まり具合を見る。
④固まるようであれば、クッキングシートをバットに敷き生キャラメルを流しいれる。冷蔵庫で2時間ほど冷やせば完成。


あまり固くなりすぎても、茶色くなりすぎてもおいしくありません。
ゆるいと固まらないので、失敗したら生キャラメルソースに。
私はこの作り方で失敗した事はないので、誰でも簡単にできると思います。






b0190577_19275254.jpgいつも素敵なハンドメイド作品を制作したり、かわいらしいディスプレイのお写真にわくわくさせていただいている、nonさんのblog。
プレゼント企画のカレンダーが当たり、早々に送っていただいたので早速飾りました。
雰囲気のあるお写真にうっとり♥
何度も全ての月の写真を眺めては、寝込んでいる間に荒れ果てていた家を片付けようと誓いました。
額を見つけて入れたいと思っています。
飾っているのはリビングのど真ん中にある電話台の上なんですが、ここ、手を伸ばしやすい場所なので気づくと物が溢れます。







b0190577_19485948.jpg子供の学校のお知らせ、届いた手紙、読みかけの雑誌、外した安全ピン・・・ちょい置きしてしまうので気をつけなきゃ。
数年前に思いつきで作ったいい加減なインターホンカバーが痛々しい・・。
とりあえずのつもりが、再製作するアイデアも意欲もないのできっとしばらくこのままだろう。
なんでも勢い任せに生きているので、「あ、これ作ろう!」と思うと突如攻撃的なまでに猛進するのだけれど、自分でもいつ勢いづくのかわからず。
本日は「生キャラメルを作るスイッチ」がオンされたらしい。
「大々的に家を片付けるスイッチ」は、一体いつ押されるのか?
[PR]
by roomnote-s | 2012-02-24 20:42 | 暮らし
バッグの中その2・・・MATTAのストールとDE.MI.の手袋
b0190577_15274489.jpg先週末より本格的に風邪。
もぞもぞと、お天道様が高くなった頃、暗い寝室のベッドからガウンを羽織って這い出して、お湯を沸かしてお茶を入れたり、食べられそうなものを物色して、それからまたのっそりと背中を丸めて寝床に戻ってゆく・・という、地上にめったに出ないもぐらみたいな生活。
今日改めて引いた目線で家の中を見てみると、随分と荒れ果てていた・・・。
ソファの下にうず高く積まれたおっとの洋服。テーブルの上には子供たちの腕時計やテレビのリモコン、学校のお知らせ。キッチンのカウンターには長男の部活の水筒の予備や洗ったマグカップ。リビングの床にはクッションと脱ぎ散らかしたパジャマが。



ほんのりと片付けて、見なかったことにする。
以前の私ならここで必死に片付けて、また体調不良をぶり返していた。
いいのさこれで。
これが暮らしってやつさ。
(土手に寝そべってハーモニカを吹いているイメージで)



b0190577_15564015.jpgかれこれ10年愛用しているイタリアDE.MI.社のグローブ。
私は手の指が長いのでなかなか合うものがなく、大事に使ってきましたが最近は色落ちが。
なんとなく指先のあたりが黒から紫へ。どこかで見たことがあるな・・と思っていたら、ナスの漬物にそっくりだった。
今年の秋には、ナスをちゃんとした手袋に買い換えたい。
とりあえずと思ってたまたま行った無印で手袋を買ったら、すぐに片方を落とした。
仕方なく通りがかったユニクロに入って白い手袋を買って町に出たら、ショーウィンドウに映った私は、軍手をしているようだった。これで焼き芋屋のバイトでもしようかな。
やっぱり愛着を持たないとダメなのかも。
落ち着いてグローブ選びをすることにします。


3年前から使っている、mattaのストール。お写真のほかに.charcoalも持っています。
私はシルクとコットンのミックスを。一年中使えるし、畳むとびっくりするほど小さくなるのでとても重宝。
今はネットで買うと、私が購入したときよりも3分の1くらいのお値段になっている。
お色もいっぱいあるし、サイズもいろいろあるし、う~ん・・・・また熱が出そうだ。
[PR]
by roomnote-s | 2012-02-21 16:37 | 暮らし
O Pulecenella ・ オ プレチェネッラ
b0190577_2051531.jpg昨朝は電車が止まって、6時台に長男を車でJR線の駅まで送る。
外出する用意などしていなかったので、誰かにあったら困ると老眼鏡を掛けて駐車場へ。
視力だけが人に誇れる所だったのですが(多分いつも遠い目をしているから)、ここ半年で子供達が「見て見て~!」と持ってくる学校のお知らせ、「近い近い!」と離して見るように。
子供達に「え?冗談でしょ?そんなに離してお知らせ読むの?」と言われるけれど、マジです。
ベッドに入ってから確認するメールも、電車の中で読む文庫本も、持ったその手の肘を曲げると眉間にしわが寄り、肘を伸ばすとしわ解散。



老眼鏡を掛けてそのまま外に行くなんてこと普通はないけれど、
全く景色が見えなかった。
近藤玲子水中バレエ団に入ったらこんな視界かな。
きっと駐車場で誰かに会っても、私の方が気がつかなかったかも。
早朝からサングラスするのもおかしいしねぇ。


今朝は4時ごろ次男がもぞもぞ私のベッドへ。
珍しく世界地図を描いたらしい。
「自分でお着替えした~」というその体は、「氷柱」って感じだった。
布団の中で抱きつかれてすっかり目も覚める。
5時過ぎには起きないと、長男のお弁当作りもあるのでもう眠れない。
眠れたとしても、氷河期の夢を見るかアイスバー東京の夢を見るか・・ってとこだろうなぁ。
おお寒ッ!!



b0190577_21334019.jpg友人達と横浜駅から7、8分歩いて、川沿いのオ・プレチェネッラへ。
店名がなかなか覚えられない・・・・汗。
Aコース、Bコースとランチがあるのですが、本日はせっかくだからとしっかり頂くBコースに。
せっかくだから・・という言葉は、自分に弾みをつけるための言い訳用語なんですけどね~(^▽^;)
パスタが2種類食べられるのでどれにしようかとメニューを見ていたのですが、「ういきょう・・ってなんだっけ?」とか「ポレンタ・・って確かトウモロコシの粉だったよねぇ?」なんて、もはやクイズ?
お店の方にメニューをいろいろお聞きして、やっと決定。
こういうところで聞いたお料理の説明、みなさん覚えているものですか?


寝不足の今日じゃなくても、常時覚えておりません・・・(゚_゚i)タラー・・・
[PR]
by roomnote-s | 2012-02-17 22:14 | 暮らし
ダイソーの・・
b0190577_18135172.jpg夜、寝ようとして横になると途端に咳が出始めて止まらず、バッタのように跳ねまくって眠れない・・そんな日が続いています。
数日前にはスリムクラブか関取か?っていう声だったしね。
空気がものすごく乾いているようで、外の植物も気がつくとカラカラに。
それを見て「お肌もカラカラ?!」と思い、このところ毎晩欠かさずパックをしています。
以前はSK-Ⅱのパックを使っていたのですが、1枚1200円ほど。
エステに行くと思えば安いよね・・と自分に言い聞かせていたのですが、やっぱり高いよと心の奥底から本音が湧いてきた・・。


前々から噂で聞いていた、ダイソーのパック。
肌が弱い私でも大丈夫かしら・・と試してみたら、びっくり!
2枚入りで100円のクセに、なかなかどうしてやりますな。
「酒しずく」というシリーズのフェイスマスクで、きっちり日本製。
次の日慌てて買占めに走る。
思わず開店5分前に着いてしまい、シャッターの前で待っちゃった。
新装開店のパチンコ屋か?
SK-Ⅱのように、濃厚じゃないしマスクを取り出した後もたっぷり美容液が残ってる・・って事もないけれど、
翌日のふっくらすべすべしたお肌は、ついつい無意識に触ってしまう。

夜になるとバッタのように跳ねまくり、
日中はつるつると自分の顔を撫で回す、関取ボイスの私です。
ダイソーのパック持って、「2ま~い、2ま~い」って高見山だね。



b0190577_18555940.jpg我が家のヒヤシンスもやっと咲きはじめました。
ヒヤシンスは気温が高いと根腐れしたり花芽がつかなくなるようで、
うちのような気候のところは、本当は一旦冷蔵庫なんかで冷やした方がいいみたい。
まさにヒヤシンス。(オヤジか・・)
[PR]
by roomnote-s | 2012-02-15 19:03 | 暮らし
TIMBUK2 ・ ティンバック2
b0190577_1718359.jpg昨日に続いて本日も朝から雨。
しかも激しい強風に、最高気温18度という変なお天気。
明日から学校の長男と、溜まりに溜まった録画した番組を観まくる一日。
お休みの間に制服をクリーニングに持って行こうと思いつつ、すっかり忘れてた。
エアウォッシュしなきゃ。
うちの洗濯機は空気で洗う機能がついており、帽子やカバンなんかの洗濯できないものも洗えてしまうんです。
以前おっとのスーツをこそこそ自宅でクリーニングしたら、バカボンの着物のように丈が短くなってしまった暗い過去のある女なので、制服のズボンは洗えてもさすがにブレザーには手を出せない。



夏服のズボンは、毎週自宅のお風呂場で湯船に残った水に入れてお洗濯していましたが、
左右に振って洗濯をしていると、水牛や沐浴をする人の幻が見えてしまうほどガンジス川な水の色。
校庭でごろごろ転がって、鶏みたいに砂浴びでもしているのか?
でも、すごく汚れた水を見るとなんだか嬉しくなって、
結構きれいな水の時にはちょっとがっかりしちゃうんだけど。


通学バッグは指定ではないので、ティンバック2のメッセンジャーを使っています。
私の時代の中学男子は、アイボリーのキャンバス布地の斜めがけを使っていたけど、
今は全く見かけないな~。
金八先生に出てくるあれね。中学生日記でもいいけど。
みんな油性ペンで蓋の裏側に、
イラスト書いたり好きな文字書いたり、缶バッジつけてたなぁ。
私と付き合ってた男の子は、自分と私の相合傘書いてたな。いやん♥
ティンバッグは防水性が高いので、ガンガンに雨が降っても中身は全く濡れていないみたい。
銃弾を受けても貫通しないしね。
例の機密文書もこれで安心。
特に母には見せたくない、150点満点のあの機密文書ね。

| `Д´|ノこらぁ!
[PR]
by roomnote-s | 2012-02-07 17:57 | 暮らし
COVO ・コーヴォ
b0190577_2326597.jpg学校の違う次男のお友達が遊びに来てくれました。
数ヶ月に1回会う間柄ですが、お互い相思相愛といった感じで、会った瞬間駆け寄って抱き合う始末。
桂小金治に横で司会をしてもらいたいくらい。
それとも島田紳介に、「我々一生懸命探しました」って言ってもらおうか?徳光和夫が泣いてくれるかな?
現実は車で数分の距離なんだけども・・。
たこ焼きを作ったり、ドーナツを作ったり、ソフトクリームを作ったりしましたが、2人で一緒に遊ぶのが何よりらしくどーでもいいご様子。

お昼もそこそこに、おっとが2人を連れて出かけて行きました。
長男もお出かけなので、残された私は一人たこ焼き。
たこの代わりにから揚げを小さくして入れたので、から焼きか?
みんながいた時にはどんどん作ってもすぐなくなってまだかまだか?という感じだったのに、
一人たこ焼きは持て余す持て余す。

たこ焼きが乗っている食器は実はCOVOというイタリアのメーカーのもので、日本人デザイン。
フリーカップや鉄瓶のようなティーポットなどもかれこれ10年愛用中なのですが、
大きさや形がとても使いやすく重宝しています。

日本人は食器を買うときに5組揃えで買うことが多いようです。
確かに湯のみのセットなんかも、5客セットを良く見かけるかも。
こちらの食器は6組揃えなので、6組派の私には嬉しい限り。

カトラリー類を買う時もいつも6組揃えで買うのですが、ドカンと出費になってしまいます。
1本1500円のフォークも、6本買ったら9000円だしね。
いつかあのカトラリーを揃えたいと思っているものがあるのですが、
フォーク、スプーン、ナイフ、ティースプーン、コーヒースプーン、
デザートフォーク、デザートナイフ、デザートスプーン、
バタナイフetc・・・・あああああ・・6組ずつ揃えてって思うと、
ずっーと買えないかもなぁ~(T T)
から揚げもなくなり、一人さみしくメインの具がないたこ焼きをつつきながら、
猫の背中を撫でていました・・・・。
[PR]
by roomnote-s | 2012-02-04 23:25 | 暮らし
散歩
b0190577_23551967.jpgすごく寒いけどいいお天気。
昨日は友達とAKBの映画、明日はカラオケとお忙しい長男を、「お小遣いが欲しけりゃ付き合うんだな」と脅迫して散歩に連れ出す。
目的は100均とお豆腐やさん。
こんにゃくを持ってもらいたい。
意外と重いから。












b0190577_003286.jpg馬車道にある「アイスクリーム発祥の地」の銅像、裸のご婦人が、泣き叫ぶ赤ちゃんを抱いているというもので、見た途端に寒さ倍増。
ブルブルッと身震いし、背筋を縮めて手をこすり合わせていると、「アイスクリームだから、泣き叫んでる赤ちゃんなのかもね」と長男。
・・?・・・。
「スクリームだよ!」だって。
そんなとんちみたいな理由で、銅像のデザインを考えるかなぁ?
それよりも、冬場は銅像に腹巻くらい巻いてほしい。
見たほうがスクリーム(恐怖や苦痛で叫び声をあげる)だ。





b0190577_0113497.jpgPAPABUBBLEが横浜にできたって聞いたけど、初めて場所を知った。
渋谷のお店には何度か行ったけれど、お友達へのちょっとしたプレゼントに好評でどんどんあげてしまい、自分はまだ何種類かしか食べてないんだった。
近くにできて嬉しいな♥
でも今日はビニール袋ガサガサ言わせて、100均の買い物ごっそりと、こんにゃくと豆腐持って入る勇気がなかった。
お店もこそこそ撮影。
あんまりこそこそと急いでシャッターを切ったものだから、自分が思い切りガラスに映ってしまった・・。
ガサガサ言わせながら、アワアワ写真を撮っているほうが不審かも。
でも堂々と写真を撮るのは苦手なんだよ~。








b0190577_0164966.jpg横浜にはキング(県庁)クイーン(税関)ともう一つ、ここジャック(開港記念館)があります。
3つの塔が一望できると願が叶うと言われています。
いつも一望していますが。
今はひとまず「痩せたい」というのが願いなんですが。
お~い・・・・。













b0190577_0254510.jpg日本大通りのgoozで、お手軽に日向ぼっこしながらお茶をして、山下公園に向かう。
日本大通りにはいつも人懐っこいすずめがたくさんいて、しばし観察。
テーブルの上や肩に乗ってくる。
昔は実家のお庭に毎朝たくさんすずめが来て、麦藁帽子を立てかけて、下にお米を撒いて捕まえようとしたなぁ。
今はすずめが激減しているそうで、確かに昔ほど見かけないかも。
冬の平日だから人出も程ほどで、のんびりと。








b0190577_0392237.jpg山下公園に着く頃には、スパーンと抜けた青空に。
冬とは思えないような日の差し方に、なんだかちょっとテンションアップ。
長男は私が教えた「チョベリバ」と「チョべりグ」を気に入って、やたら連呼。
恥かし~~~!
「明日カラオケに行ったらみんなに教えよう♪」なんて言っちゃってるよ・・。
そんなんじゃなく、横浜の歴史でも教えてやってくれ~~~!
[PR]
by roomnote-s | 2012-02-03 23:54 | 暮らし
空腹
b0190577_20364826.jpg長男の学校が明日から1週間入試休みになるので、今日は午前授業。
待ち合わせしてランチをすることに。
学校の最寄駅に着いたら連絡するように言ったのに、連絡が来たのは下校からだいぶ経って乗り継ぎ駅から。
しかも「今どこ?」って聞いてきた。
いつもの事ながらため息。
連絡が来次第家を出るからってよくよく話してあったのに。
家の中でコートを着て、まだかまだかと携帯を握り締めていた私は、「ウキーーー!!!」と怒りながら、更に携帯を強く握り締めて待ち合わせに向かう。



「これが女子との待ち合わせだったら、絶対に振られる!」とか、
「こんなうすぼんやりしていて、果たしてどんな学校生活を送ってるんだ」とか
「人様に迷惑掛けてないだろうか」とか、
「人の話をよく聞かないで、このままじゃろくな人間にならない!」とか、
ぐるぐる妄想して怒りから不安に移行して、
私の育て方が悪いのかと、考えが煮詰まったところで待ち合わせ場所に着く。
いたいた、切符の券売機前で相変わらずうすぼんやりしてるよ(#`皿´) 
でも実際長男に会って「ごめんなさい。連絡するの忘れてて」なんて言われると、
「本当だよぉ~。待っちゃったんだからぁ。さ、どこ行こうか!」なんて全てが消去。
私は都合のいい女か?


どうやらいらいらの原因は空腹のようです。
駅からすぐのリゴレットで、お昼を食べたら落ち着きました~。


b0190577_212269.jpg今日はとても風の強い日でした。
ユーカリの木やオリーブも風が吹くと枝が真横になるほどで、
窓の外の日よけがバタバタと鳴り、グリはびっくりして何度も外を眺めていました。
今年はどうやら豪雪の年のようですね。
横浜は雪は降らないものの、肌が切れるように寒い日が多く、乾燥が気になるので部屋の中に洗濯物を干すようにしています。
夜干したお洗濯、朝には乾いていたりします。
グリは紐のようなものが気になるようで、宅配便のおじさんの前にキャミソールを引きずってきた時は焦りました・・。
男だねぇ。
[PR]
by roomnote-s | 2012-02-01 20:34 | 暮らし