渋谷コンコンブル
b0190577_11222497.jpgしばらく梅雨に逆戻りのようなお天気。
お部屋の中もなんだか暗い。
外で鳴いているセミも、焦って鳴いているように聞こえます。
次男が植えたホウセンカの花も、もう咲ききったようです。

昨日は私の誕生日だったので、
おっとがチーズケーキを焼いてくれました。
私の場合ケーキを焼くとなると、
「とりゃー!」と両手にぺっぺとつばを吐きかけて、眉を吊り上げ、ねじり鉢巻を威勢良く巻いて、「ようしっ!!やったるぜーっっ!」と、がに股で天を仰いで叫ぶくらいの勢い。
ど根性がないと作れない。

おっとの場合、
夕食後に突然「なんかケーキ食べたくない?俺、ガトーショコラぐらいなら焼こうか?」
って、なんだなんだそのふんわりした感じは。
「え?簡単じゃん。材料量って手順の通りに作るだけだよ」。
って、こんなアバウト人間にそういう事を言うか?!

実は今日はおっとの誕生日。
ケーキはケーキでもホットケーキじゃダメかしら。




b0190577_11594152.jpg先日・・・次男はお友達の家にお泊り、長男は部活、私は用事をこなしに都内へ。
自宅に残る事になったおっと、「会社にでも行こうかな。それで待ち合わせてお昼して帰ってこようよ。」という事になり、宮益坂の「コンコンブル(CONCOMBRE)」へ。
私は限定15食のトマトの肉詰め。
おっとはとりもも肉のソテー・マスタードソース・・だったと思う・・。
(はい出た、アバウト~)
メインディッシュにコーンとパプリカのポタージュ、サラダ(グリーンリーフ・トマト・たまご・キャロットのマリネ・オリーブ)、バケット、デザート(この日はプディング)、コーヒー(おかわり自由)がついて1000円程です。

お店の中はフランスのビストロといった感じで、ベルナール ヴューモのオレンジーナのポスターが貼ってあったり、プロヴァンスなテーブルクロス、インダストリアルな照明があったりと、庶民的な雰囲気です。
お手軽な感じで軽いフレンチを味わいたいなら、是非おススメ♪

暑くて運動を全くしていなかった為、お腹周りが大変なことになっています。
それなのにおいしいものを食べる機会も多く、
一人こっそり自宅のパウダールームで上着をまくってお腹を見つめる日々です。
[PR]
by roomnote-s | 2011-08-22 12:42 | 暮らし
<< CHRISTIAN PEAU 神奈川新聞花火大会 >>