ダイエットな日々
b0190577_178572.jpg11月、12月、子供達の体調が悪くて自宅にいた日以外、全てお昼は外食でした。
もともと私の実家は10時のお茶、3時のおやつ、夕食後のデザートを摂る家で、母は大食漢ですが痩せています。
身内もみんなスリムな人ばかり。
「食べてもその分抑えれば大丈夫だよね~」なんてランチの日々にプラスして、甘いものの後にしょっぱいものを食べ、しょっぱいものの後に甘いものを食べ、夜中はグラス片手にごろごろと・・無限の輪廻のような連鎖を続けていたら2ヶ月で5キロも肥りました。
そろそろ市場に出荷されるかも。ブヒブヒ。

昔は食べ過ぎてもちょっと控えればすぐ痩せたのに、
今はちょっと食べたらすぐ太って、少しのことじゃ全然痩せない(p>□<q*))

・ジーンズを履いて正座すると痛い。
・洋服屋さんでタンクトップを試着したら、試着室の鏡に私の顔したレスラーが映っていた。
・縦長だったおへそがまん丸に。
・渡辺直美を見ても笑えない。
・入浴中に地震が来たら、隠して逃げるのは「お腹」だ。



b0190577_17253968.jpg年末から人生初の本気ダイエットを決行しています。
体重計を買い替え、長距離のウォーキングやカーヴィーダンスをきちんとし、
こんにゃくとお豆腐が私の友です。
白米に玄米(私のお勧めは‘ぴちぴち発芽青玄米’)やこんにゃくでできたお米マンナンヒカリを足し、毎日ダイエット手帳をつけています(女子栄養大のダイエットダイアリー)。
ナビスコから出ている一袋で100キロカロリーのシリーズも、おいしくて助かりました。
それから、カロリー表示のないものは口にしません。
どうしてもカロリーの高いものが食べたくなったら、きちんと量を決めて器に盛ってから食べています。
外食はローカロリーで体にいいもの(参鶏湯とかせいろ蒸し、SUBWAYもちょくちょく行きます)「無理はしないけれど努力をする」と決めて3キロ減♪
あと2キロだ~!!

太って一番嫌だったのは、何を着ても似合わないこと。
おしゃれが全く楽しくない。

元々体脂肪率も高くないし、冷え性で代謝が悪いので余計に痩せにくいみたい。
おっとは調理師免許を持っていて昔はマラソンが趣味だったので、
相談できたのは良かったです。
痩せたけどリバウンド・・とか、お肌がしぼしぼ・・じゃ悲しいので。
人間の体は脳がいろいろな指令を出しているので、
痩せていた頃の自分やなりたい体をイメージすると、
そのような体型になろうと指令を出すようです。
「痩せている体が‘通常’なんだ」と。

でも脳裏に浮かぶのはタンクトップを着たレスラーみたいな自分の体・・。
衝撃的だったもん。
[PR]
by roomnote-s | 2012-01-27 18:25 | 暮らし
<< 塾へ 日本列島 いきものたちの物語 >>